交通安全

(こうつうあんぜん)

宗像大社 辺津宮

御祭神

  • 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
  • 第二宮:田心姫神(たごりひめのかみ)
  • 第三宮:湍津姫神(たぎつひめのかみ)

御神徳

  • 国家鎮護
  • 航海安全
  • 交通安全

例祭日

  • 1月1日:新年祭
  • 2月3日:節分祭
  • 3月31日~4月2日:春季大祭
  • 7月31日:大祓式・茅の輪くぐり
  • 9月30日~10月3日:秋季大祭
  • 10月3日:高宮神奈備祭
  • 11月23日:新嘗祭
  • 12月31日:大祓式・除夜祭

住所

  • 〒811-3504 福岡県宗像市田島2331

電話

  • 0940-62-1311

ホームページ

メモ

  • ここ宗像大社は、沖ノ島に鎮座する「沖津宮」、大島に鎮座する「中津宮」、そしてここ「辺津宮」の三宮からなる神社です。
    天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の誓約により、素盞鳴大神の剣から誕生した宗像三女神をお祀りする神社です。
    ・沖津宮:田心姫神(たごりひめのかみ)
    ・中津宮:湍津姫神(たぎつひめのかみ)
    ・辺津宮:市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

    ここ辺津宮にお祀りする市杵島姫神は、弁財天とも言われています。

    本殿の右手からは、第二宮(ていにぐう)、第三宮(ていさんぐう)そして高宮祭場へと続く「鎮守の杜の道」があります。
    第二宮と第三宮は、それぞれ沖津宮と中津宮の御分霊をお祀りしています。
    高宮祭場は、宗像三女神が降臨した地と云われ、神秘的な雰囲気が漂っています。
    今でも月次祭や春秋の大祭には神籬(ひもろぎ)や磐境(いわさか)を依代としてお祭りが行われています。

写真

  • 2012-04-28
    一の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    祈願殿・社務所  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口  2012-04-28
    2012-04-28
    神社名の石碑  2012-04-28
    2012-04-28
    二の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    額束  2012-04-28
    2012-04-28
    心字池  2012-04-28
    2012-04-28
    太鼓橋  2012-04-28
    2012-04-28
    参道  2012-04-28
    2012-04-28
    祓舎  2012-04-28
    2012-04-28
    手水舎  2012-04-28
    2012-04-28
    神門  2012-04-28
    2012-04-28
    拝殿  2012-04-28
    2012-04-28
    拝殿の扁額  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿の扁額  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿(流造り)  2012-04-28
    2012-04-28
    社殿  2012-04-28
    2012-04-28
    御神木  2012-04-28
    2012-04-28
    末社群  2012-04-28
    2012-04-28
    高宮参道入り口  2012-04-28
    2012-04-28
    高宮参道(鎮守の杜の道)  2012-04-28
    2012-04-28
    第二宮(ていにぐう)  2012-04-28
    2012-04-28
    第三宮(ていさんぐう)  2012-04-28
    2012-04-28
    第三宮(左)と第二宮(右)  2012-04-28
    2012-04-28
    高宮参道  2012-04-28
    2012-04-28
    高宮祭場 参拝所  2012-04-28
    2012-04-28
    高宮祭場(降臨の地)  2012-04-28

八所宮

御祭神

  • 泥土煮尊(ういじにのみこと)
  • 沙土煮尊(すいじにのみこと)
  • 大戸道尊(おおとのじのみこと)
  • 大戸邉尊(おおとのべのみこと)
  • 面足尊(おもたるのみこと)
  • 綾惶根尊(あやかしこねのみこと)
  • 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
  • 伊弉冉尊(いざなみのみこと)

御神徳

  • 家内円満
  • 安産
  • 交通安全

例祭日

  • 1月1日:元旦際
  • 3月10日:祈年祭
  • 10月第3土、日:秋季大祭
  • 11月23日:感謝祭

住所

  • 〒811-4153 福岡県宗像市吉留3186

電話

  • 0940-33-4467

メモ

  • ここ八所宮は、国道3号線 岡垣バイパスと平行して走る県道287号線沿いに鎮座する神社です。
    始めは鶺鴒山(せきれい)の麓、御手洗池の辺りに鎮座していましたが、白鳳2年(約1300年前)に現在の鶺鴒山山頂に遷座されました。
    当初は鶺鴒山を御神体としてお祀りしていたようで、現在はその古代祭場跡が復元され残されています。
    御祭神はそれぞれ夫婦神で、日本神話の始まりの頃に出現した神世七世(かみのよななよ)の中の八柱です。その八柱をお祀りしているので八所宮と言います。
    八所の神は、伊波礼毘古命(いわれびこのみこと、後の神武天皇)東征の折に姿を現し、赤馬に乗り軍を先導したと伝えられています。

写真

  • 2012-04-28
    大鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口 二の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    神社名石柱  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口のネコ  2012-04-28
    2012-04-28
    参道  2012-04-28
    2012-04-28
    参道  2012-04-28
    2012-04-28
    三の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    鳥居の額束  2012-04-28
    2012-04-28
    手水舎  2012-04-28
    2012-04-28
    拝殿  2012-04-28
    2012-04-28
    社殿  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿(流造り)  2012-04-28
    2012-04-28
    向拝の彫り物  2012-04-28
    2012-04-28
    摂末社  2012-04-28
    2012-04-28
    神輿  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口からの風景  2012-04-28
    2012-04-28
    御手洗池  2012-04-28
    2012-04-28
    古代祭場跡(復元)  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の拝殿  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の本殿  2012-04-28

出雲大社福岡分院

御祭神

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)

御神徳

  • 縁結び
  • 学業成就
  • 開運
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 安産
  • 家内安全
  • 病気平癒

住所

  • 〒819-0164 福岡県福岡市西区今宿町418-23

電話

  • 092-806-4180

メモ

  • 出雲大社は、国譲りの神話で名高い大国主神をお祀りする神社です。
    大国主神は、だいこく様としても有名で、その御神徳は福の神、農業の神、開運の神、特に縁結びの神のご利益は国中第一の神と慕われています。
    ここ福岡分院は、九州地区の拠点とするため、明治30年(1897年)現在の福岡市中央区大手門に建てられました。
    昭和20年(1945年)6月に福岡大空襲により社殿、庁舎など一切の建造物が焼失しました。その後、昭和48年(1973年)現在地に再建されました。
    社殿の裏には、大国主神の御子神である事代主神(ことしろぬしのかみ)「えびす様」もお祀りされています。
    出雲大社の参拝所作は、一般的な二拝二拍手一拝ではなく拍手は4回行いますが、私はそのリズムがわからず探り探り参拝しています。

御朱印

  • 2011-08-28

写真

  • 2012-03-31
    神社名案内  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿前  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿横  2012-03-31
    2012-03-31
    御神木の梛(なぎ)  2012-03-31
    2012-03-31
    恵比寿社  2012-03-31
    2012-03-31
    境内からの眺め  2012-03-31

日吉神社

御祭神

  • 大山咋神(おおやまくいのかみ)
  • 相殿:菅原道真神(すがわらみちざねのかみ)

御神徳

  • 学業成就
  • 開運
  • 厄除け
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 家内安全

住所

  • 〒830-0017 福岡県久留米市日吉町106

電話

  • 0942-32-3770

メモ

  • ここ日吉神社は、久留米宗社といわれ、久留米市の明治通り近くに鎮座する神社です。
    約800年程前に久留米城(旧篠山城)の近くにお祀りされていましたが、有馬公が藩主についてからは久留米城の守護神としてお祀りされるようになりました。
    後の正保(しょうほう)4年:1647年に現在の地に遷座され、以来、広徳の神として信仰されています。
    広い境内には、夫婦銀杏と呼ばれる雌雄一対のイチョウが植樹されています。これはこの地に遷座した正保4年に植樹したと伝えられています。
    御祭神の大山咋神は、素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の孫にあたる神です。

御朱印

  • 2011-09-10

写真

  • 2011-09-10
    神社入り口  2011-09-10
    2011-09-10
    神社名の石柱  2011-09-10
    2011-09-10
    鳥居  2011-09-10
    2011-09-10
    鳥居の扁額  2011-09-10
    2011-09-10
    手水舎  2011-09-10
    2011-09-10
    もみじに囲まれた参道  2011-09-10
    2011-09-10
    拝殿  2011-09-10
    2011-09-10
    拝殿の扁額  2011-09-10
    2011-09-10
    拝殿内  2011-09-10
    2011-09-10
    境内の様子  2011-09-10
    2011-09-10
    月読宮  2011-09-10
    2011-09-10
    夫婦銀杏  2011-09-10

高田神社

御祭神

  • 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
  • 伊弉冉尊(いざなみのみこと)
  • 鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
  • 玉依姫命(たまよりひめのみこと)
  • 国常立尊(くにとこたちのみこと)
  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ)

御神徳

  • 無病息災
  • 交通安全
  • 縁結び
  • 安産

住所

  • 〒819-1102 福岡県糸島市高田2丁目18-17

メモ

  • 高田神社は、古くは高田村の西能徳からこの地に移され、能徳十六天神社と言われていました。
    (筑前国続風土記拾遺より)
    また、大正3年には同村の是永にあった是永神社を合祀しています。
    能徳神社は正面の社殿、是永神社は左側の社殿です。

    能徳神社の御祭神は、伊弉諾尊、伊弉冉尊、鵜葺草葺不合命、玉依姫命です。
    玉依姫命は鵜葺草葺不合命の妻で、鵜葺草葺不合命は邇邇芸命(ににぎのみこと)の孫神にあたります。

    是永神社の御祭神は、国常立尊、天照大御神です。
    国常立尊は、日本書紀では最初に現れた神、古事記でも神代七代(かみのよななよ)の最初に現れた神とされています。
    天照大御神は、伊弉諾尊の禊により左目から出現した女神です。

写真

  • 2011-08-13
    参道  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿(能徳神社)  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    本殿  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    神社案内板  2011-08-13
    2011-08-13
    境内の様子  2011-08-13
    2011-08-13
    是永神社  2011-08-13
    2011-08-13
    是永神社の本殿  2011-08-13

五道神社

御祭神

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)

御神徳

  • 縁結び
  • 交通安全
  • 家内安全

住所

  • 〒819-0387 福岡県福岡市西区富士見1丁目23-1

メモ

  • 大国主神をお祀りする神社です。
    戦時中は、近くの天降神社の御神霊を合祀している時期もあったようです。
    創建年代は不明ですが、元文5年(1740年)創建とも伝えられています。
    境内には年代を感じる立派な御神木があるのですが、その幹にミツバチが巣を作っていました。
    野生?のミツバチの巣を見たのは初めてです(びっくり!!)。

写真

  • 2011-08-13
    神社を遠めから  2011-08-13
    2011-08-13
    参道  2011-08-13
    2011-08-13
    手水舎  2011-08-13
    2011-08-13
    参道と鳥居  2011-08-13
    2011-08-13
    鳥居の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    庚申の石碑と末社  2011-08-13
    2011-08-13
    境内の様子  2011-08-13
    2011-08-13
    境内の様子  2011-08-13
    2011-08-13
    御神木の幹にミツバチの巣が...  2011-08-13

伊覩神社

御祭神

  • 伊覩県主命(いとあがたぬしのみこと)
  • 邇邇芸命(ににぎのみこと)
  • 木花開耶姫尊(このはなさくやひめのみこと)

御神徳

  • 延命長寿
  • 交通安全
  • 安産
  • 縁結び

住所

  • 〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺2丁目10-36

更新情報(2012-04-01)

  • 桜の写真を追加しました。

メモ

  • 伊覩神社は、JR筑肥線・周船寺駅の近くの商店街に鎮座する神社です。
    古くは主船司神社、松木天子社、松木天神とも言われていましたが、伊覩県主命を合祀して今の伊覩神社となったそうです。
    御祭神の伊覩県主命は、伊覩の国の県主(古墳時代の長官)で、神社の東にある丸隈山古墳はこの県主命の墓と言われています。
    邇邇芸命は天孫降臨した神です。木花開耶姫尊は邇邇芸命の妻で、神阿多都比売(かむあたつひめ)とも言われています。
    邇邇芸命と木花開耶姫尊の子孫が神武天皇にあたります。

写真

  • 2012-04-01
    神社前の通り  2012-04-01
    2012-04-01
    桜と拝殿  2012-04-01
    2011-08-13
    鳥居  2011-08-13
    2011-08-13
    鳥居の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    手水舎  2011-08-13
    2011-08-13
    参道  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿を横から  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿を遠目で  2011-08-13

産宮神社

御祭神

  • 奈留多姫命(なるたひめのみこと)
  • 相殿(あいどの):鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
  • 相殿(あいどの):玉依姫命(たまよりびめのみこと)

御神徳

  • 安産
  • 開運
  • 交通安全
  • 厄除け

住所

  • 〒819-1108 福岡県糸島市波多江駅南1丁目13−1

電話

  • 092-322-4159

更新情報(2012-04-01)

  • 桜の写真を追加しました。

メモ

  • 奈留多姫命は安産守護の神様として広く崇敬をあつめています。
    境内には「子安梅」と呼ばれる梅の木があり、妊婦がこの神木にお願いすればお産が軽いと伝えられています。

御朱印

  • 2011-07-17

写真

  • 2012-04-01
    神社近くの瑞梅寺川の桜  2012-04-01
    2012-04-01
    瑞梅寺川の桜と筑肥線の電車  2012-04-01
    2011-07-17
    鳥居  2011-07-17
    2011-07-17
    拝殿の扁額  2011-07-17
    2011-07-17
    本殿  2011-07-17
    2011-07-17
    社殿 横から  2011-07-17
    2011-07-17
    御由緒書き  2011-07-17
    2011-07-17
    子安梅  2011-07-17
    2011-07-17
    末社  2011-07-17
    2011-07-17
    末社  2011-07-17
    2011-07-17
    茅の輪くぐり  2011-07-17
    2011-07-17
    茅の輪くぐりの由来  2011-07-17
    2011-07-17
    茅の輪のくぐり方  2011-07-17

桜井神社

御祭神

  • 与止妃(よどひめ)大明神
  • 島岡大明神
  • 八所産土(やところうぶすな)大神

御神徳

  • 開運
  • 魔除け
  • 航海安全
  • 交通安全

住所

  • 〒819-1304 福岡県糸島市志摩桜井4227

電話

  • 092-327-0317

更新情報(2012-07-02)

  • ~岩戸開き~
    本日(2012/07/02)は、1年に1度、奥宮である岩戸宮の御扉が開かれる例大祭「岩戸開き」が行われました。
    今年初めて、この神事に立ち会うことができました。
    夜明け前の午前4時、岩戸宮の前に宮司や神職、氏子の方々が集まり、祝詞(のりと)の奏上からお祭りが始まります。
    祝詞の奏上が終わりると、灯されていた灯りが消され暗闇の中、神職による警蹕(けいひつ)が続きます。警蹕とは、「お~」と神職が発する独特の声で、祭祀に参加している者に対して畏みを促すものです。
    警蹕が終わり灯りが灯されると、岩戸宮の御扉が開かれています。
    岩戸宮の参拝は、まず前に置かれた榊でお祓いをします。これは自分自身で行います。その後、宮司さんからいただき玉串を岩戸宮へ奉納してお参りします。
    岩戸宮の神窟はロウソクだけが灯され、薄暗くとても静かな空間です。お参りしているととても心が安らぎます。
    この日は岩戸宮に終日お参りすることができますので、機会がありましたら是非お参りしてください。おススメです。

更新情報(2012-05-05)

  • 藤の花、ほかの写真を追加しました。

更新情報(2012-02-05)

  • 「立春の酒」の写真をアップしました。
    立春の酒は、糸島市の雷山の麓にある白糸酒造で造られているハネ木搾り無ろ過生原酒です。
    立春の日にハネ木で搾った搾りたてのお酒を桜井神社にて、家内安全、商売繁盛、無病息災のおはらいを受けています。
    有限会社 白糸酒造
    〒819-1151 糸島市本1986
    TEL 092-322-2901

更新情報(2012-01-26)

  • 正月(2012.01.03)に参拝した様子の写真をアップしました。

メモ

  • 桜井神社は豊かな自然に囲まれ、糸島で有名なパワースポットのひとつです。
    奥宮には岩戸宮があり、7月2日の例大祭の日には岩戸開きが行われ、年に1度だけ神窟内に玉串参拝できます。

御朱印

  • 2012-07-02

写真

  • 2011-07-02
    麓の大鳥居  2011-07-02
    2012-07-02
    神社入り口  2012-07-02
    2012-07-02
    参道(階段)入り口  2012-07-02
    2012-07-02
    参道(階段)  2012-07-02
    2012-07-02
    石柱と鳥居  2012-07-02
    2012-07-02
    神社名の石柱  2012-07-02
    2011-04-20
    八重桜と鳥居  2011-04-20
    2012-07-02
    鳥居  2012-07-02
    2012-07-02
    参道の太鼓橋  2012-07-02
    2012-07-02
    石畳の参道  2012-07-02
    2012-07-02
    手水舎  2012-07-02
    2012-07-02
    楼門下から見える拝殿  2012-07-02
    2011-07-02
    楼門の扁額  2011-07-02
    2011-07-02
    拝殿  2011-07-02
    2012-07-02
    拝殿の彫り物  2012-07-02
    2012-07-02
    社殿左手から  2012-07-02
    2012-07-02
    本殿の紋章(三つ巴と菊花紋)  2012-07-02
    2012-07-02
    社殿左手からの境内の様子  2012-07-02
    2011-07-02
    本殿裏  2011-07-02
    2012-07-02
    社殿右手から  2012-07-02
    2012-07-02
    社殿右手からの境内の様子  2012-07-02
    2012-07-02
    社殿右手から楼門と拝殿の様子  2012-07-02
    2012-07-02
    本殿裏からの境内の様子  2012-07-02
    2012-07-02
    早朝の拝殿  2012-07-02
    2012-07-02
    早朝の本殿  2012-07-02
    2012-07-02
    早朝の楼門  2012-07-02
    2012-07-02
    岩戸宮  2012-07-02
    2011-07-02
    岩戸宮の由緒書き  2011-07-02
    2011-07-02
    岩戸宮(岩戸開き)  2011-07-02
    2012-07-02
    岩戸宮参拝の玉串  2012-07-02
    2012-07-02
    岩戸開き神事の様子  2012-07-02
    2012-07-02
    岩戸宮参拝の様子  2012-07-02
    2011-05-09
    大神宮  2011-05-09
    2011-07-02
    神社案内図  2011-07-02
    2012-02-05
    白糸酒造「立春の酒」  2012-02-05
    2012-01-03
    正月の参拝の様子  2012-01-03
    2012-01-03
    龍の石造を祀っている祠  2012-01-03
    2012-01-03
    龍の石造  2012-01-03
    2012-05-04
    藤の花  2012-05-04
    2012-05-04
    藤の花  2012-05-04
    2012-05-04
    藤の花  2012-05-04
    2012-05-04
    浦姫宮の案内板  2012-05-04
    2012-05-04
    宮の駅  2012-05-04
    2012-05-04
    浮石BONSAI  2012-05-04

最近のコメント