初夏

二宮神社

御祭神

  • 主祭神波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
  • 主祭神波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)
  • 天穂日命(あめのほひのみこと)
  • 大田命(おおたのみこと)
  • 事代主神(ことしろぬしのかみ)

御神徳

  • 国家安泰
  • 殖産興業
  • 災難除け
  • 疫病除け
  • 子孫繁栄
  • 福徳開運
  • 商売繁盛

例祭日

  • 1月元日:元始祭
  • 1月3日:恵比寿大祭・玉せせり
  • 4月29日:春祭・祈年祭
  • 7月29日:夏越祭
  • 10月22日:例大祭・秋祭
  • 11月23日:新嘗祭
  • 12月31日:大祓祭

住所

  • 〒819-0167 福岡県福岡市西区今宿1丁目10-32

メモ

  • ここ二宮神社は、福岡市西区今宿の唐津街道沿いに鎮座する神社です。
    古くは二宮天神社といわれ、埴安命(波邇夜須毘古神と波邇夜須毘売神)をお祀りしています。
    御祭神の天穂日命は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の誓約により天照大御神の勾玉から誕生し、国譲りの神話にも登場する神です。
    また、大田命は、天孫降臨の際に道案内をした猿田彦命(さるたひこのみこと)の子孫にあたります。
    事代主神は、大国主神(おおくにぬしのかみ)の御子神です。
    筑前国風土記拾遺には、9月22日の祭日には流鏑馬が奉納されていたと記録されています。

    境内からは今津湾や能古島、その先の志賀島を眺めることができます。また、すぐそばの長垂海岸(ながたれ)は夏場を問わずマリンスポーツで賑わう海岸です。

    唐津街道 今宿駅

写真

  • 2012-04-08
    一の鳥居  2012-04-08
    2012-04-08
    一の鳥居の額束  2012-04-08
    2012-04-08
    参道  2012-04-08
    2012-04-08
    神社名の石碑  2012-04-08
    2012-04-08
    手水舎  2012-04-08
    2012-04-08
    二の鳥居  2012-04-08
    2012-04-08
    三の鳥居と拝殿  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿内  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿横からの眺め  2012-04-08
    2012-04-08
    本殿  2012-04-08
    2012-04-08
    玉せせりの石?  2012-04-08
    2012-04-08
    境内の様子  2012-04-08
    2012-04-08
    境内の様子  2012-04-08
    2012-04-08
    燈篭  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の眺め  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の長垂海岸  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の長垂海岸  2012-04-08

十六天神社(山北)

御祭神

  • 波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
  • 波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

御神徳

  • 不詳

例祭日

  • 9月24日

住所

  • 〒819-1144 福岡県糸島市山北48

メモ

  • ここ十六天神社は、県道49号大野城二丈線の井原交差点から瑞梅寺ダムに向かう県道から300m西に鎮座する神社です。
    御祭神の二柱は、田畑の土壌をまもる神、土の神で、彦・姫の二神を一神の名として称したのが埴安神(はにやすのかみ)とされています。

写真

  • 2012-04-16
    神社遠景  2012-04-16
    2012-04-16
    鳥居  2012-04-16
    2012-04-16
    鳥居の扁額  2012-04-16
    2012-04-16
    神社名の石柱  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿内  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿内の扁額  2012-04-16
    2012-04-16
    本殿  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿内の絵(天石戸神話)  2012-04-16
    2012-04-16
    本殿の覆屋  2012-04-16
    2012-04-16
    藤棚  2012-04-16
    2012-04-16
    境内の様子  2012-04-16
    2012-04-16
    神社から高祖山  2012-04-16
    2012-04-16
    神社から可也山  2012-04-16

壱岐神社

御祭神

  • 壱岐直真根子(いきのあたいまねこ)

御神徳

  • 仁愛開運

例祭日

  • 7月28日:夏祭り
  • 9月1日:八朔(はっさく)祭り
  • 10月15日:秋祭り

住所

  • 〒819-0055 福岡県福岡市西区生の松原1丁目9-3

メモ

  • ここ壱岐神社は、生の松原(いきのまつばら)に鎮座する神社です。
    参道は約400mもあり、海岸の鳥居からは一直線に旧国道202号線、生の松原を抜けて社殿へと続きます。
    生の松原は、福岡市西区の海岸に広がる松林です。夏は海の家も建ち、海水浴客でにぎわう海岸です。
    神功皇后が松の枝を逆さに刺して戦勝を祈ったところ、松の枝が根付き生き返ったという逆松(さかさまつ)の伝説にちなんで「生の松原」と名付けられたと云われています。
    御祭神の壱岐直真根子は、壱岐島(いきのしま)の豪族、壱岐直の祖です。
    壱岐直真根子は、応神天皇の大臣であった武内宿禰(たけうちのすくね)の身代わりとなり、無実の罪で亡くなりました。やがて無実であることがわかり、ここにお祀りされることになりました。

写真

  • 2012-03-31
    一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居方面  2012-03-31
    2012-03-31
    旧国道202号線から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から海岸方面  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口の桜  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の後ろを走るJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    藤棚  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿裏のJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    JR筑肥線からの眺め  2012-03-31

田中天満宮(秋月)

御祭神

  • 菅原道真神(すがわらみちざねのかみ)

住所

  • 〒838-0001 福岡県朝倉市秋月1113

メモ

  • 田中天満宮は、背後の天神山の山頂に祠が置かれていましたが、秋月藩(福岡藩の支藩)の初代藩主 黒田長興(ながおき)により、島原の乱を鎮圧後、寛文4年(1664年)に現在の地に移されました。その社殿は島原に向けて建てられているそうです。
    秋月は、筑前国夜須(やす)郡に属していました。
    黒田長興は、初代福岡藩主 黒田長政の三男で、福岡藩より5万石を分知され立藩しました。
    筑前国続風土記附録に記載されている「社地高潔にして風景ことに好し」の通り、境内からは遠くの町並みを臨むことができます。

写真

  • 2012-04-01
    神社までの道  2012-04-01
    2012-04-01
    神社入り口  2012-04-01
    2012-04-01
    参道  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    社殿  2012-04-01
    2012-04-01
    御神木  2012-04-01
    2012-04-01
    淡島神社  2012-04-01
    2012-04-01
    恵比寿神社  2012-04-01
    2012-04-01
    境内の様子  2012-04-01
    2012-04-01
    境内からの眺望  2012-04-01
    2012-04-01
    日限地蔵院の石垣(武者返し)  2012-04-01

住吉神社(井原)

御祭神

  • 底筒男神(そこつつのをのみこと)
  • 中筒男神(なかつつのをのみこと)
  • 表筒男神(うわつつのをのみこと)

御神徳

  • 不詳

例祭日

  • 9月19日

住所

  • 〒819-1582 福岡県糸島市井原1321

更新情報(2012-05-05)

  • 藤の花の写真を追加しました。

メモ

  • ここ住吉神社は、県道49号大野城二丈線の井原交差点(いわら)のすぐ近くに鎮座する神社です。
    井原、西堂の産土神、住吉三神、八幡、香椎、高良、諏訪四神をお祀りしています。
    古くは福岡住吉神社の社領だったので勧請したと云われています。
    境内には「長寿の藤」といわれる立派な藤棚があります。そしてその周り3面を囲むように地蔵菩薩の石像が並んでいます。

写真

  • 2012-03-25
    神社遠景  2012-03-25
    2012-03-25
    神社名の石柱  2012-03-25
    2012-03-25
    一の鳥居  2012-03-25
    2012-03-25
    一の鳥居の額束  2012-03-25
    2012-03-25
    二の鳥居  2012-03-25
    2012-03-25
    二の鳥居の額束  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内の扁額  2012-03-25
    2012-03-25
    本殿  2012-03-25
    2012-03-25
    本殿  2012-03-25
    2012-03-25
    社殿  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    長寿の藤  2012-03-25
    2012-03-25
    長寿の藤  2012-03-25
    2012-03-25
    長寿の藤と地蔵菩薩の石像  2012-03-25
    2012-03-25
    地蔵菩薩の石像  2012-03-25
    2012-05-04
    藤の花  2012-05-04
    2012-05-04
    藤の花  2012-05-04

須賀神社(西堂)

御祭神

  • 不詳

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-1575 福岡県糸島市西堂819

メモ

  • ここ須賀神社は、糸島市西堂(にしのどう)に鎮座する神社です。
    村に疫病が流行した時に勧請されたと云われています。
    社殿の横には桜が、境内には立派な藤棚が植樹されています。
    近くには、古賀崎古墳があり、古墳めぐりも楽しめる場所です。

写真

  • 2012-03-25
    神社の遠景  2012-03-25
    2012-03-25
    神社入り口  2012-03-25
    2012-03-25
    鳥居  2012-03-25
    2012-03-25
    鳥居の額束  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内の扁額  2012-03-25
    2012-03-25
    本殿  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    社殿と桜  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の藤棚  2012-03-25
    2012-03-25
    神社前からの眺め  2012-03-25

飯盛神社中宮社

御祭神

  • 五十猛尊(いそたけるのみこと)

御神徳

  • 不老長寿
  • 福徳円満
  • 病魔退散

例祭日

  • 6月30日(夕方):水無月の大祓(みなづきのおおはらえ)
  • 10月28日(夕方):下元の節会(かげんのせつえ)

住所

  • 〒819-0037 福岡県福岡市西区飯盛776

電話

  • 092-811-1329

ホームページ

メモ

  • ここ飯盛神社の中宮社は、飯盛山の中腹(標高126.9m)に位置します。
    平成14年7月に再建され、アルミ合金製の明神鳥居としては日本一と言われています。
    この鳥居は飯盛山の麓からも確認することができます。

    御祭神の五十猛尊は有功神(いさおしのかみ)とも言われ、素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の御子神で、森林守護の神として信仰されています。

    下宮(本社)からの道のりは、道幅の狭い曲がりくねった林道が続きます。
    作者はバイクでの移動でしたが、車で移動する際はキープレフト&徐行で気を付けてお参りください。

    中宮社は、もとはこれより上に建てられていましたが、戦禍に遭い焼け落ちてしまいました。その中宮址は今でも残されています。
    中宮址に続く

写真

  • 2012-01-29
    神社名の石柱  2012-01-29
    2012-01-29
    飯盛山の案内板  2012-01-29
    2012-01-29
    大鳥居  2012-01-29
    2012-01-29
    社殿前からの眺め  2012-01-29
    2012-01-29
    社殿  2012-01-29
    2012-01-29
    中宮址に続く道  2012-01-29

高祖神社

御祭神

  • 彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
  • 相殿:玉依姫命(たまよりひめのみこと)
  • 相殿:神功皇后(じんぐうこうごう)

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-1571 福岡県糸島市高祖1578

電話

  • 092-322-7133

更新情報(2012-06-17)

  • 本日は、高祖神社社殿の見学会がありました。
    糸島市教育委員会の学芸員の解説に、熱心に耳を傾けている参加者の姿が印象的でした。
    普段知ることのできない歴史的な背景を教えていただき、とても有意義な見学会でした。
    縁があり、宮司さん宅にお邪魔させていただき、念願の御朱印もいただきました。ありがとうございました。
    見学会の写真をアップします。

更新情報(2012-06-10)

  • 6月17日に高祖神社 社殿の見学会があります。(事前申し込みが必要)
    糸島市職員が解説を行いながら、高祖神社の本殿・拝殿を見学します。
    【日時】
    2012年6月17日(日) 10:30 ~ 11:30
    ※ 雨天決行
    【参加費】
    無料
    【申込先】
    6月15日(金)までに申し込みが必要です。
    詳細は下記へお問い合わせください。
    糸島市教育委員会 文化課
    TEL:092-332-2093

更新情報(2011-11-15)

  • 10月25日の18:00~21:00過ぎまで、高祖神社にて夜神楽奉納が行われました。
    開始20分前には第一駐車場は満車状態、私が行った18:40頃には遠くの駐車場しか空いていませんでした。
    神楽、ましてや夜神楽参拝は初めての経験で、かがり火の中での神楽はとても神秘的な雰囲気でした。
    夜神楽の締めは、天岩窟(あまのいわと)神楽が奉納されました。
    写真も追加していますので、ぜひご覧になってください。

メモ

  • ここ高祖神社は高祖山に鎮座する神社です。神社入り口までは車で登れ、入り口から社殿までの参道は約170m。緑の木々に囲まれたとても神秘的な参道です。
    境内は広く、平成元年には神楽殿が新築されています。毎年10月25日には永い歴史のある夜神楽(よかぐら)奉納が行われています。かがり火の薄明かりの中で舞神楽と面神楽が奉納されるそうです。

御朱印

  • 2012-06-17

写真

  • 2012-06-17
    見学会の様子  2012-06-17
    2012-06-17
    本殿遠景  2012-06-17
    2012-06-17
    熱心な崇敬者  2012-06-17
    2012-06-17
    本殿の神紋  2012-06-17
    2011-09-19
    境内から見た社殿  2011-09-19
    2011-09-19
    高祖山  2011-09-19
    2011-09-19
    神社石碑  2011-09-19
    2011-09-19
    神社入り口  2011-09-19
    2011-09-19
    参道  2011-09-19
    2011-09-19
    一の鳥居  2011-09-19
    2011-09-19
    二の鳥居  2011-09-19
    2011-09-19
    参道  2011-09-19
    2011-09-19
    三の鳥居  2011-09-19
    2011-09-19
    鳥居から社殿を望む  2011-09-19
    2011-09-19
    境内から見た社殿  2011-09-19
    2011-09-19
    拝殿  2011-09-19
    2011-10-25
    夜の拝殿  2011-10-25
    2011-09-19
    拝殿の扁額  2011-09-19
    2011-09-19
    本殿  2011-09-19
    2011-09-19
    立派な藤棚  2011-09-19
    2011-09-19
    社殿  2011-09-19
    2011-10-25
    夜の社殿  2011-10-25
    2011-09-19
    本殿  2011-09-19
    2011-09-19
    男池 (女池もある?)  2011-09-19
    2011-09-19
    境内の様子  2011-09-19
    2011-10-25
    夜の境内の様子  2011-10-25
    2011-09-19
    神楽殿  2011-09-19
    2011-10-25
    夜の神楽殿  2011-10-25
    2011-10-25
    夜神楽奉納  2011-10-25
    2011-10-25
    かがり火と神楽殿  2011-10-25
    2011-10-25
    天岩窟(あまのいわと)神楽  2011-10-25
    2011-09-19
    高祖山からの眺望  2011-09-19

祇園神社

御祭神

  • 不詳

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒830-0022 福岡県久留米市城南町21

電話

  • 不詳

メモ

  • ここ祇園神社の境内には篠山保育園が隣接しています。参拝した日、園の屋上では園児たちが水遊びをしていました。
    子供たちの元気な声が聞こえてくる、賑やかな神社です。

写真

  • 2011-09-10
    入り口、左手は保育園  2011-09-10
    2011-09-10
    鳥居  2011-09-10
    2011-09-10
    参道  2011-09-10
    2011-09-10
    顔のない狛犬  2011-09-10
    2011-09-10
    社殿  2011-09-10
    2011-09-10
    社殿  2011-09-10
    2011-09-10
    本殿  2011-09-10
    2011-09-10
    本殿  2011-09-10
    2011-09-10
    えびす様の石像  2011-09-10
    2011-09-10
    藤棚  2011-09-10
    2011-09-10
    社殿から境内の様子  2011-09-10
    2011-09-10
    全景  2011-09-10

五穀神社

御祭神

  • 豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)
  • 相殿:稲次因幡守正誠公(いなつぎいなばまさざねこう)

御神徳

  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛

住所

  • 〒830-0005 福岡県久留米市通外町58

ホームページ

メモ

  • 五穀神社は、江戸時代中期(寛永2年)にインドの五穀の神、婆珊婆演底主夜神(ばさんばえんていしゅやしん)をお祀りする神社として建立されましたが、神仏分離により明治2年(1869年)、現在の豊宇気毘売神をお祀りすることになりました。
    豊宇気毘売神は、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の子で、食物・穀物を司る女神です。稲荷神、稲倉魂命(うかのみたまのかみ)と習合し、同一視されるようになりました。
    相殿(あいどの)の稲次因幡守正誠公は、元禄15年(1702年)久留米城下の篠山町に出生し、その後、農民騒擾の解決に一身を捧げた功績を敬慕され、相殿されています。

    参拝ルートとしては、国道322号線、五穀神社交差点から入り、中央公園を抜けて社殿へ行くことができます。
    途中、藤棚や石橋、中央公園の緑の中を通るコースです。

写真

  • 2011-09-10
    鳥居  2011-09-10
    2011-09-10
    鳥居の扁額  2011-09-10
    2011-09-10
    神社入り口  2011-09-10
    2011-09-10
    藤棚  2011-09-10
    2011-09-10
    石橋  2011-09-10
    2011-09-10
    社殿までの道  2011-09-10
    2011-09-10
    参道  2011-09-10
    2011-09-10
    手水舎  2011-09-10
    2011-09-10
    拝殿とイチョウ  2011-09-10
    2011-09-10
    拝殿  2011-09-10
    2011-09-10
    本殿  2011-09-10
    2011-09-10
    社殿  2011-09-10
    2011-09-10
    本殿横  2011-09-10
    2011-09-10
    境内の様子  2011-09-10

最近のコメント