藤原神社(瑞梅寺)3

御祭神

  • 藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-1581 福岡県糸島市瑞梅寺626

メモ

  • 瑞梅寺地区には、半径1kmの範囲に藤原神社が3社あり、ここは3社の中でも一番標高の高い場所(標高266m)に位置します。
    県道49号大野城二丈線の井原交差点から井原山へ向かい、「瑞梅寺山の家」を越えた先に鎮座する神社です。
    初めて参拝したときには参道を見つけることができず、神社裏から境内へ進み、辺りをくまなく探して参道を見つけることができました。
    参道入り口の目じるしは「ひょうたん窯」です。そこから細い参道を下って社殿へ向かいます。
    ここ藤原神社は川のほとりに鎮座し、川のせせらぎを楽しめる神社です。
    藤原神社について、筑前国続風土記拾遺には「藤原社二祠」と記載されています。もう1社はその後に建てられたのでしょうか。このあたりは不明のままです。

写真

  • 2012-04-16
    参道入り口  2012-04-16
    2012-04-16
    参道入り口の八重桜  2012-04-16
    2012-04-16
    参道入り口のひょうたん窯  2012-04-16
    2012-04-16
    参道(左側)  2012-04-16
    2012-04-16
    参道を神社方面から  2012-04-16
    2012-04-16
    境内から参道(右からのぼる)  2012-04-16
    2012-04-16
    神社横の川  2012-04-16
    2012-04-16
    鳥居  2012-04-16
    2012-04-16
    鳥居の額束  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿  2012-04-16
    2012-04-16
    拝殿内  2012-04-16
    2012-04-16
    本殿  2012-04-16
    2012-04-16
    境内の様子  2012-04-16
    2012-04-16
    猿田彦の石碑  2012-04-16
    2012-04-16
    神社裏から  2012-04-16
    2012-04-16
    神社裏の眺め  2012-04-16
    2012-04-16
    瑞梅寺ダム  2012-04-16

出雲大社福岡分院

御祭神

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)

御神徳

  • 縁結び
  • 学業成就
  • 開運
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 安産
  • 家内安全
  • 病気平癒

住所

  • 〒819-0164 福岡県福岡市西区今宿町418-23

電話

  • 092-806-4180

メモ

  • 出雲大社は、国譲りの神話で名高い大国主神をお祀りする神社です。
    大国主神は、だいこく様としても有名で、その御神徳は福の神、農業の神、開運の神、特に縁結びの神のご利益は国中第一の神と慕われています。
    ここ福岡分院は、九州地区の拠点とするため、明治30年(1897年)現在の福岡市中央区大手門に建てられました。
    昭和20年(1945年)6月に福岡大空襲により社殿、庁舎など一切の建造物が焼失しました。その後、昭和48年(1973年)現在地に再建されました。
    社殿の裏には、大国主神の御子神である事代主神(ことしろぬしのかみ)「えびす様」もお祀りされています。
    出雲大社の参拝所作は、一般的な二拝二拍手一拝ではなく拍手は4回行いますが、私はそのリズムがわからず探り探り参拝しています。

御朱印

  • 2011-08-28

写真

  • 2012-03-31
    神社名案内  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿前  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿横  2012-03-31
    2012-03-31
    御神木の梛(なぎ)  2012-03-31
    2012-03-31
    恵比寿社  2012-03-31
    2012-03-31
    境内からの眺め  2012-03-31

壱岐神社

御祭神

  • 壱岐直真根子(いきのあたいまねこ)

御神徳

  • 仁愛開運

例祭日

  • 7月28日:夏祭り
  • 9月1日:八朔(はっさく)祭り
  • 10月15日:秋祭り

住所

  • 〒819-0055 福岡県福岡市西区生の松原1丁目9-3

メモ

  • ここ壱岐神社は、生の松原(いきのまつばら)に鎮座する神社です。
    参道は約400mもあり、海岸の鳥居からは一直線に旧国道202号線、生の松原を抜けて社殿へと続きます。
    生の松原は、福岡市西区の海岸に広がる松林です。夏は海の家も建ち、海水浴客でにぎわう海岸です。
    神功皇后が松の枝を逆さに刺して戦勝を祈ったところ、松の枝が根付き生き返ったという逆松(さかさまつ)の伝説にちなんで「生の松原」と名付けられたと云われています。
    御祭神の壱岐直真根子は、壱岐島(いきのしま)の豪族、壱岐直の祖です。
    壱岐直真根子は、応神天皇の大臣であった武内宿禰(たけうちのすくね)の身代わりとなり、無実の罪で亡くなりました。やがて無実であることがわかり、ここにお祀りされることになりました。

写真

  • 2012-03-31
    一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居方面  2012-03-31
    2012-03-31
    旧国道202号線から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から海岸方面  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口の桜  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の後ろを走るJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    藤棚  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿裏のJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    JR筑肥線からの眺め  2012-03-31

宮地嶽神社(秋月)

御祭神

  • 神功皇后(じんぐうこうごう)
  • 勝村大神(かつむらのおおかみ)
  • 勝頼大神(かつよりのおおかみ)

御神徳

  • 不詳

例祭日

  • 1月5日

住所

  • 〒838-0001 福岡県朝倉市秋月190

メモ

  • ここ秋月の宮地嶽神社は、鐘山といわれる小高い丘の上に鎮座する神社です。
    江戸時代、この山に秋月八幡宮から鐘櫓を移設し、城下に時刻を告げるための「時櫓」を設置したので「鐘山」といわれていました。
    現在は鐘はありませんが、拝殿の四方を支えている石柱は時櫓を支えるためのものであったのではないかと云われています。
    境内からは秋月の町を一望できる絶好の眺望です。

    宮地嶽神社の総本宮について
    玄海の風 宮地嶽神社

写真

  • 2012-04-01
    神社入り口の通り  2012-04-01
    2012-04-01
    神社入り口(少々分かりづらい)  2012-04-01
    2012-04-01
    神社入り口の案内板  2012-04-01
    2012-04-01
    参道  2012-04-01
    2012-04-01
    参道  2012-04-01
    2012-04-01
    参道  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿内  2012-04-01
    2012-04-01
    本殿  2012-04-01
    2012-04-01
    社殿  2012-04-01
    2012-04-01
    境内の様子  2012-04-01
    2012-04-01
    境内からの眺望(久野邸)  2012-04-01
    2012-04-01
    境内からの眺望(秋月城跡方面)  2012-04-01

田中天満宮(秋月)

御祭神

  • 菅原道真神(すがわらみちざねのかみ)

住所

  • 〒838-0001 福岡県朝倉市秋月1113

メモ

  • 田中天満宮は、背後の天神山の山頂に祠が置かれていましたが、秋月藩(福岡藩の支藩)の初代藩主 黒田長興(ながおき)により、島原の乱を鎮圧後、寛文4年(1664年)に現在の地に移されました。その社殿は島原に向けて建てられているそうです。
    秋月は、筑前国夜須(やす)郡に属していました。
    黒田長興は、初代福岡藩主 黒田長政の三男で、福岡藩より5万石を分知され立藩しました。
    筑前国続風土記附録に記載されている「社地高潔にして風景ことに好し」の通り、境内からは遠くの町並みを臨むことができます。

写真

  • 2012-04-01
    神社までの道  2012-04-01
    2012-04-01
    神社入り口  2012-04-01
    2012-04-01
    参道  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    社殿  2012-04-01
    2012-04-01
    御神木  2012-04-01
    2012-04-01
    淡島神社  2012-04-01
    2012-04-01
    恵比寿神社  2012-04-01
    2012-04-01
    境内の様子  2012-04-01
    2012-04-01
    境内からの眺望  2012-04-01
    2012-04-01
    日限地蔵院の石垣(武者返し)  2012-04-01

須賀神社(秋月)

御祭神

  • 中:大国主神(おおくにぬしのかみ)
  • 右:素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)
  • 左:稲田命

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒838-0001 福岡県朝倉市秋月653

メモ

  • 秋月の須賀神社は、国道322号線から県道66号線を山手へ向かったところに位置します。
    秋月史考(1951年 田代政栄)によると、元禄10年(1697年)創立、享保4年(1719年)7月に神殿を補修し拝殿が建立されています。
    神社入り口にはカンヒザクラが植樹されています。カンヒザクラはソメイヨシノよりも先に開花する桜で、桜の原種の1つです。
    御祭神の稲田命については、詳しい情報を得られませんでした。

写真

  • 2012-04-01
    鳥居とカンヒザクラ  2012-04-01
    2012-04-01
    鳥居の扁額  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿  2012-04-01
    2012-04-01
    拝殿内  2012-04-01
    2012-04-01
    社殿  2012-04-01
    2012-04-01
    境内の様子  2012-04-01
    2012-04-01
    神社からの眺め  2012-04-01
    2012-04-01
    神社前の通り  2012-04-01
    2012-04-01
    神社近くの川(上流側)  2012-04-01
    2012-04-01
    神社近くの川(下流側)  2012-04-01

須賀神社(西堂)

御祭神

  • 不詳

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-1575 福岡県糸島市西堂819

メモ

  • ここ須賀神社は、糸島市西堂(にしのどう)に鎮座する神社です。
    村に疫病が流行した時に勧請されたと云われています。
    社殿の横には桜が、境内には立派な藤棚が植樹されています。
    近くには、古賀崎古墳があり、古墳めぐりも楽しめる場所です。

写真

  • 2012-03-25
    神社の遠景  2012-03-25
    2012-03-25
    神社入り口  2012-03-25
    2012-03-25
    鳥居  2012-03-25
    2012-03-25
    鳥居の額束  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内  2012-03-25
    2012-03-25
    拝殿内の扁額  2012-03-25
    2012-03-25
    本殿  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の様子  2012-03-25
    2012-03-25
    社殿と桜  2012-03-25
    2012-03-25
    境内の藤棚  2012-03-25
    2012-03-25
    神社前からの眺め  2012-03-25

光雲神社

御祭神

  • 黒田孝高(くろだよしたか)
  • 黒田長政(くろだながまさ)

御神徳

  • 不詳

例祭日

  • 4月20日:春季大祭
  • 10月4日:秋季大祭

住所

  • 〒810-0061 福岡県福岡市中央区西公園13-1

電話

  • 092-761-1807

メモ

  • ここ光雲神社は、桜の名所、福岡市中央区の西公園に鎮座する神社です。
    黒田家初代の黒田孝高(法名:龍光院殿)とその子で福岡藩の初代藩主、黒田長政(法名:興雲院殿)を御祭神とする筑前国ならではの神社です。
    神社名は、両公の法名1字づつ採り名付けられました。
    創建は、第6代藩主、黒田嗣高の代に現在の福岡市舞鶴城内に創建され、明治4年廃藩置県の際に小鳥吉祥院跡に奉還、明治8年には県社に昇格しています。
    その後、明治40年に西公園へ移転遷座されましたが、昭和20年6月19日に戦災を受け、昭和41年10月に復元されています。
    現在は神社本庁の別表神社に加列されています。
    神社の裏手に周ると博多湾を一望することができます。

    黒田家代々の墓所を紹介しているサイト
    黒田家代々の墓所

御朱印

  • 2012-04-04

写真

  • 2012-04-04
    一の鳥居  2012-04-04
    2012-04-04
    一の鳥居の扁額  2012-04-04
    2012-04-04
    参道から一の鳥居  2012-04-04
    2012-04-04
    参道  2012-04-04
    2012-04-04
    神社までの階段  2012-04-04
    2012-04-04
    二の鳥居  2012-04-04
    2012-04-04
    二の鳥居の扁額  2012-04-04
    2012-04-04
    拝殿  2012-04-04
    2012-04-04
    拝殿の扁額  2012-04-04
    2012-04-04
    拝殿内  2012-04-04
    2012-04-04
    社殿  2012-04-04
    2012-04-04
    社殿  2012-04-04
    2012-04-04
    天使降臨?  2012-04-04
    2012-04-04
    本殿  2012-04-04
    2012-04-04
    社務所  2012-04-04
    2012-04-04
    花見会場  2012-04-04
    2012-04-04
    ざがいどの仲間と花見  2012-04-04
    2012-04-04
    神社裏からの博多湾  2012-04-04
    2012-04-04
    神社裏からの博多湾  2012-04-04

雷神社

御祭神

  • 火雷神(ほのいかずちのかみ)

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-1145 福岡県糸島市雷山148

メモ

  • ここ雷神社は、脊振山系に属する雷山(らいざん)の中腹、標高423mに位置する神社です。
    雷山は古くは「いかづちやま」とよばれ、この山には雷山三所社(上宮・中宮・下宮)の三社があったと云われていますが、今は残念ながらそのすべてを確認することはできません。
    上宮の上宮神社は層々岐(そそぎ)明神ともいわれ、邇邇芸命(ににぎのみこと)をお祀りしていました。
    中宮はここ雷神社のことで、古くは水火雷電(すいからいでん)神社といわれ、火雷神(ほのいかずちのかみ)をお祀りしています。
    下宮は笠折(かさおり)神社といわれていました。

近くの神社・仏閣

写真

  • 2012-02-12
    雷山(らいざん)  2012-02-12
    2012-02-12
    神社遠景  2012-02-12
    2012-02-12
    神社入り口  2012-02-12
    2012-02-12
    鳥居  2012-02-12
    2012-02-12
    手水舎  2012-02-12
    2012-02-12
    参道  2012-02-12
    2012-02-12
    拝殿  2012-02-12
    2012-02-12
    拝殿内  2012-02-12
    2012-02-12
    拝殿内の扁額  2012-02-12
    2012-02-12
    社殿  2012-02-12
    2012-02-12
    本殿  2012-02-12
    2012-02-12
    本殿の扁額  2012-02-12
    2012-02-12
    本殿を横から  2012-02-12
    2012-02-12
    社殿  2012-02-12
    2012-02-12
    境内の様子  2012-02-12
    2012-02-12
    御神木  2012-02-12
    2012-02-12
    境内の桜  2012-02-12
    2012-02-12
    神社近くからの眺望  2012-02-12

牧之神神社

御祭神

  • 不詳

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-0012 福岡県福岡市西区能古1622-9

電話

  • 不詳

メモ

  • 牧之神神社は、のこのしまアイランドのすぐそばに位置する神社です。能古島でも標高の高い場所になります。
    牧の神公園が併設してあり、公園内には数十本の桜が植えられています。桜の季節に参拝してもよさそうです。

    古くは牧大明神三社といわれていました。(筑前国続風土記拾遺巻之四十三)
    古代この地に牛牧があり、その鎮守としてお祀りした神社だと云われています。

写真

  • 2012-02-05
    公園入り口  2012-02-05
    2012-02-05
    公園内  2012-02-05
    2012-02-05
    神社入り口  2012-02-05
    2012-02-05
    鳥居  2012-02-05
    2012-02-05
    鳥居の扁額  2012-02-05
    2012-02-05
    参道  2012-02-05
    2012-02-05
    本殿前  2012-02-05
    2012-02-05
    本殿  2012-02-05
    2012-02-05
    御神体  2012-02-05
    2012-02-05
    本殿  2012-02-05
    2012-02-05
    本殿の遠景  2012-02-05
    2012-02-05
    境内  2012-02-05
    2012-02-05
    のこのしまアイランド入り口  2012-02-05

最近のコメント