福岡市西区

二宮神社

御祭神

  • 主祭神波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
  • 主祭神波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)
  • 天穂日命(あめのほひのみこと)
  • 大田命(おおたのみこと)
  • 事代主神(ことしろぬしのかみ)

御神徳

  • 国家安泰
  • 殖産興業
  • 災難除け
  • 疫病除け
  • 子孫繁栄
  • 福徳開運
  • 商売繁盛

例祭日

  • 1月元日:元始祭
  • 1月3日:恵比寿大祭・玉せせり
  • 4月29日:春祭・祈年祭
  • 7月29日:夏越祭
  • 10月22日:例大祭・秋祭
  • 11月23日:新嘗祭
  • 12月31日:大祓祭

住所

  • 〒819-0167 福岡県福岡市西区今宿1丁目10-32

メモ

  • ここ二宮神社は、福岡市西区今宿の唐津街道沿いに鎮座する神社です。
    古くは二宮天神社といわれ、埴安命(波邇夜須毘古神と波邇夜須毘売神)をお祀りしています。
    御祭神の天穂日命は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の誓約により天照大御神の勾玉から誕生し、国譲りの神話にも登場する神です。
    また、大田命は、天孫降臨の際に道案内をした猿田彦命(さるたひこのみこと)の子孫にあたります。
    事代主神は、大国主神(おおくにぬしのかみ)の御子神です。
    筑前国風土記拾遺には、9月22日の祭日には流鏑馬が奉納されていたと記録されています。

    境内からは今津湾や能古島、その先の志賀島を眺めることができます。また、すぐそばの長垂海岸(ながたれ)は夏場を問わずマリンスポーツで賑わう海岸です。

    唐津街道 今宿駅

写真

  • 2012-04-08
    一の鳥居  2012-04-08
    2012-04-08
    一の鳥居の額束  2012-04-08
    2012-04-08
    参道  2012-04-08
    2012-04-08
    神社名の石碑  2012-04-08
    2012-04-08
    手水舎  2012-04-08
    2012-04-08
    二の鳥居  2012-04-08
    2012-04-08
    三の鳥居と拝殿  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿内  2012-04-08
    2012-04-08
    拝殿横からの眺め  2012-04-08
    2012-04-08
    本殿  2012-04-08
    2012-04-08
    玉せせりの石?  2012-04-08
    2012-04-08
    境内の様子  2012-04-08
    2012-04-08
    境内の様子  2012-04-08
    2012-04-08
    燈篭  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の眺め  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の長垂海岸  2012-04-08
    2012-04-08
    神社裏の長垂海岸  2012-04-08

出雲大社福岡分院

御祭神

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)

御神徳

  • 縁結び
  • 学業成就
  • 開運
  • 商売繁盛
  • 交通安全
  • 安産
  • 家内安全
  • 病気平癒

住所

  • 〒819-0164 福岡県福岡市西区今宿町418-23

電話

  • 092-806-4180

メモ

  • 出雲大社は、国譲りの神話で名高い大国主神をお祀りする神社です。
    大国主神は、だいこく様としても有名で、その御神徳は福の神、農業の神、開運の神、特に縁結びの神のご利益は国中第一の神と慕われています。
    ここ福岡分院は、九州地区の拠点とするため、明治30年(1897年)現在の福岡市中央区大手門に建てられました。
    昭和20年(1945年)6月に福岡大空襲により社殿、庁舎など一切の建造物が焼失しました。その後、昭和48年(1973年)現在地に再建されました。
    社殿の裏には、大国主神の御子神である事代主神(ことしろぬしのかみ)「えびす様」もお祀りされています。
    出雲大社の参拝所作は、一般的な二拝二拍手一拝ではなく拍手は4回行いますが、私はそのリズムがわからず探り探り参拝しています。

御朱印

  • 2011-08-28

写真

  • 2012-03-31
    神社名案内  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿前  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿横  2012-03-31
    2012-03-31
    御神木の梛(なぎ)  2012-03-31
    2012-03-31
    恵比寿社  2012-03-31
    2012-03-31
    境内からの眺め  2012-03-31

壱岐神社

御祭神

  • 壱岐直真根子(いきのあたいまねこ)

御神徳

  • 仁愛開運

例祭日

  • 7月28日:夏祭り
  • 9月1日:八朔(はっさく)祭り
  • 10月15日:秋祭り

住所

  • 〒819-0055 福岡県福岡市西区生の松原1丁目9-3

メモ

  • ここ壱岐神社は、生の松原(いきのまつばら)に鎮座する神社です。
    参道は約400mもあり、海岸の鳥居からは一直線に旧国道202号線、生の松原を抜けて社殿へと続きます。
    生の松原は、福岡市西区の海岸に広がる松林です。夏は海の家も建ち、海水浴客でにぎわう海岸です。
    神功皇后が松の枝を逆さに刺して戦勝を祈ったところ、松の枝が根付き生き返ったという逆松(さかさまつ)の伝説にちなんで「生の松原」と名付けられたと云われています。
    御祭神の壱岐直真根子は、壱岐島(いきのしま)の豪族、壱岐直の祖です。
    壱岐直真根子は、応神天皇の大臣であった武内宿禰(たけうちのすくね)の身代わりとなり、無実の罪で亡くなりました。やがて無実であることがわかり、ここにお祀りされることになりました。

写真

  • 2012-03-31
    一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    海岸に建つ一の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    一の鳥居方面  2012-03-31
    2012-03-31
    旧国道202号線から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から社殿方面  2012-03-31
    2012-03-31
    二の鳥居から海岸方面  2012-03-31
    2012-03-31
    神社入り口の桜  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    三の鳥居  2012-03-31
    2012-03-31
    鳥居の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    手水舎  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の後ろを走るJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿の扁額  2012-03-31
    2012-03-31
    拝殿内  2012-03-31
    2012-03-31
    本殿  2012-03-31
    2012-03-31
    藤棚  2012-03-31
    2012-03-31
    社殿裏のJR筑肥線  2012-03-31
    2012-03-31
    JR筑肥線からの眺め  2012-03-31

飯盛神社上宮址

中宮址からの続き

メモ

  • 飯盛神社上宮址は飯盛山の頂上、標高382mに位置します。
    今回は、中宮社~中宮址~上宮址を登拝しました。中宮址からの道のりも見どころ満載で、物見櫓(やぐら)跡や王桜を見ながら登ることができます。
    中宮社から頂上の上宮址まで、飯盛神社の宮司の縁戚にあたる倉光(くらみつ)さん案内していただきました。
    王桜とは山桜の古木で、麓から見えてはいましたがその所在が確認されたのは5年くらい前のことだそうです。
    頂上までは険しい道もあるのですが、ロープが張ってあり登りやすかったです。
    頂上からの見晴らしはとてもよく、福岡市内や能古島、志賀島を一望できます。

写真

  • 2012-01-29
    物見櫓跡までの道  2012-01-29
    2012-01-29
    物見櫓跡からの眺望  2012-01-29
    2012-01-29
    目指す頂上  2012-01-29
    2012-01-29
    案内して頂いた倉光さん  2012-01-29
    2012-01-29
    王桜までの道  2012-01-29
    2012-01-29
    王桜 (逆行スミマセン)  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上までの険しい道  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上までの険しい道  2012-01-29
    2012-01-29
    上宮址の遠景  2012-01-29
    2012-01-29
    上宮址  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上の気温(7度)  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上からの眺望(能古島、玄海島)  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上からの眺望(福岡市西区~早良区)  2012-01-29
    2012-01-29
    頂上からの眺望(城南区方面)  2012-01-29

飯盛神社中宮址

中宮社からの続き

メモ

  • 飯盛神社の中宮址は、現在の中宮社よりも上に位置していました。
    中宮址までのルートは
    (1)中宮社から車で「あじさいの路」「カブト虫の森」を通るルート。
    (2)中宮社から徒歩で登るルート。
    があります。
    お奨めはやはり徒歩で登るルートです。
    途中、岩座(いわくら)や鏡磐(かがみいわ)を見ながら自然の中を歩くととてもリフレッシュになります。
    岩座(いわくら)とは、古代の飯盛宮の御神体として祀られていた岩の石群です。中宮址までこの岩が続いています。
    鏡磐(かがみいわ)とは、水が流れている岩の壁なのですが、古来はここで禊を行っていたとのことです。

    中宮址は思っていたほど広くありませんでしたが、そこからの見晴らしはとても素晴らしかったです。
    福岡市の西区~早良区~城南区を望むことができます。

写真

  • 2012-01-29
    中宮址 入り口  2012-01-29
    2012-01-29
    岩座(いわくら)  2012-01-29
    2012-01-29
    岩座(いわくら) 遠景  2012-01-29
    2012-01-29
    鏡磐(かがみいわ) 遠景  2012-01-29
    2012-01-29
    鏡磐(かがみいわ)  2012-01-29
    2012-01-29
    中宮址  2012-01-29
    2012-01-29
    鳥居の跡  2012-01-29
    2012-01-29
    中宮址からの眺望  2012-01-29

飯盛神社中宮社

御祭神

  • 五十猛尊(いそたけるのみこと)

御神徳

  • 不老長寿
  • 福徳円満
  • 病魔退散

例祭日

  • 6月30日(夕方):水無月の大祓(みなづきのおおはらえ)
  • 10月28日(夕方):下元の節会(かげんのせつえ)

住所

  • 〒819-0037 福岡県福岡市西区飯盛776

電話

  • 092-811-1329

ホームページ

メモ

  • ここ飯盛神社の中宮社は、飯盛山の中腹(標高126.9m)に位置します。
    平成14年7月に再建され、アルミ合金製の明神鳥居としては日本一と言われています。
    この鳥居は飯盛山の麓からも確認することができます。

    御祭神の五十猛尊は有功神(いさおしのかみ)とも言われ、素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)の御子神で、森林守護の神として信仰されています。

    下宮(本社)からの道のりは、道幅の狭い曲がりくねった林道が続きます。
    作者はバイクでの移動でしたが、車で移動する際はキープレフト&徐行で気を付けてお参りください。

    中宮社は、もとはこれより上に建てられていましたが、戦禍に遭い焼け落ちてしまいました。その中宮址は今でも残されています。
    中宮址に続く

写真

  • 2012-01-29
    神社名の石柱  2012-01-29
    2012-01-29
    飯盛山の案内板  2012-01-29
    2012-01-29
    大鳥居  2012-01-29
    2012-01-29
    社殿前からの眺め  2012-01-29
    2012-01-29
    社殿  2012-01-29
    2012-01-29
    中宮址に続く道  2012-01-29

飯石神社

御祭神

  • 御食入沼命(ごしょくいりぬまのみこと)
  • 筑前国続風土記拾遺では

  • 蛭子神(ひるこのかみ)
  • 月讀尊(つくよみのみこと)
  • 素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)

住所

  • 〒819-0371 福岡県福岡市西区飯氏

メモ

  • 古くは三郎天神社といわれていました。
    御祭神は御食入沼命です。御毛沼命(みけぬのみこと)とも呼ばれ、玉依姫命の子で神武天皇の兄にあたります。
    筑前国続風土記拾遺(巻之四十六)には、御祭神は蛭子神、月讀尊、素盞鳴大神の3柱と記載されています。
    蛭子神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の最初の子といわれますが、生まれてすぐに流されてしまい、子の数には入れないとされています。
    月讀尊については文献によって違いがあり、古事記では伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の右目から生まれたとされています。
    左目から生まれた天照大御神(あまてらすおおみかみ)が太陽を象徴する神、それに対して月讀尊は月の神。
    鼻から生まれた素盞鳴大神の兄といわれています。

写真

  • 2011-08-21
    鳥居  2011-08-21
    2011-08-21
    鳥居の扁額  2011-08-21
    2011-08-21
    手水舎  2011-08-21
    2011-08-21
    参道  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿内  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿内の扁額  2011-08-21
    2011-08-21
    本殿  2011-08-21
    2011-08-21
    社殿  2011-08-21
    2011-08-21
    案内板  2011-08-21
    2011-08-21
    境内の様子  2011-08-21

飯盛神社本社

御祭神

  • 主神:伊弉冉尊(いざなみのみこと)
  • 左神:玉依姫命(たまよりひめのみこと)
  • 右神:品陀和気命(ほんだわけのみこと)

御神徳

  • 縁結び

住所

  • 〒819-0037 福岡県福岡市西区飯盛609番地

電話

  • 092-811-1329

ホームページ

更新情報(2012-01-29)

  • 2月3日に行われる節分際の準備で、拝殿前には大きなおたふくのお面が設置されていました。
    節分際では、午前は11時から、午後は19時から除災招福の豆まきが行われます。
    夜の部では飯盛山から鬼が降りてくるそうです。

メモ

  • 飯盛神社は、飯盛山に鎮座する神社です。貞観元年(859年)に上宮・中宮・下宮(じょうぐう・ちゅうぐう・げぐう)の三社が建立されたそうです。
    ここ本社は下宮にあたります。中宮は飯盛山の中腹に、上宮は山頂にその跡があります。
    霊峰といわれる飯盛山の標高は382.4m。飯を盛った形に似ていることから「飯盛り」の名が付いたそうです。
    中宮までは車で登れますが、そこから頂上の上宮跡までは徒歩で登ります。
    頂上からの眺めはとても素晴らしいとのことですが、今回はあまりの暑さに断念しました。涼しくなったら中宮から上宮跡をお参りしようと思います。
    [補足]御祭神の品陀和気命は、応神天皇(おうじんてんのう)の別名です。

御朱印

  • 2011-08-17

写真

  • 2012-01-29
    拝殿前のおたふくのお面  2012-01-29
    2012-01-29
    拝殿前のおたふくのお面  2012-01-29
    2011-08-17
    飯盛神社が鎮座する飯盛山  2011-08-17
    2011-08-17
    神社名の石柱  2011-08-17
    2011-08-17
    鳥居  2011-08-17
    2011-08-17
    鳥居の扁額  2011-08-17
    2011-08-17
    参道  2011-08-17
    2011-08-17
    拝殿  2011-08-17
    2011-08-17
    拝殿内  2011-08-17
    2011-08-17
    本殿  2011-08-17
    2011-08-17
    社殿  2011-08-17
    2011-08-17
    本殿  2011-08-17
    2011-08-17
    本殿紅梁(こうりょう)の彫刻  2011-08-17
    2011-08-17
    境内の様子  2011-08-17
    2011-08-17
    盃状穴(はいじょうけつ)石  2011-08-17

五道神社

御祭神

  • 大国主神(おおくにぬしのかみ)

御神徳

  • 縁結び
  • 交通安全
  • 家内安全

住所

  • 〒819-0387 福岡県福岡市西区富士見1丁目23-1

メモ

  • 大国主神をお祀りする神社です。
    戦時中は、近くの天降神社の御神霊を合祀している時期もあったようです。
    創建年代は不明ですが、元文5年(1740年)創建とも伝えられています。
    境内には年代を感じる立派な御神木があるのですが、その幹にミツバチが巣を作っていました。
    野生?のミツバチの巣を見たのは初めてです(びっくり!!)。

写真

  • 2011-08-13
    神社を遠めから  2011-08-13
    2011-08-13
    参道  2011-08-13
    2011-08-13
    手水舎  2011-08-13
    2011-08-13
    参道と鳥居  2011-08-13
    2011-08-13
    鳥居の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    庚申の石碑と末社  2011-08-13
    2011-08-13
    境内の様子  2011-08-13
    2011-08-13
    境内の様子  2011-08-13
    2011-08-13
    御神木の幹にミツバチの巣が...  2011-08-13

天降神社

御祭神

  • 邇邇芸命(ににぎのみこと)

御神徳

  • 不詳

住所

  • 〒819-0383 福岡県福岡市西区田尻259

更新情報(2012-04-01)

  • 桜の写真を追加しました。

メモ

  • 天降神社は、天孫降臨した邇邇芸命をお祀りする神社です。
    創建年代は不明ですが、明暦元年(1655年)に再興され、現在の拝殿は明治14年に建て替えられ、本殿は明治45年に改築されたようです。
    戦時中は基地として使用されていたため、社殿は解体され、御神霊は近くの五道神社に合祀されていたようです。
    戦後、社殿を再建し今に至っています。

写真

  • 2012-04-01
    春の神社  2012-04-01
    2011-08-13
    神社名の石碑と社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    鳥居  2011-08-13
    2011-08-13
    鳥居の拝殿  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内  2011-08-13
    2011-08-13
    拝殿内の扁額  2011-08-13
    2011-08-13
    本殿  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    社殿  2011-08-13
    2011-08-13
    本殿の裏  2011-08-13
    2011-08-13
    案内板  2011-08-13
    2011-08-13
    末社  2011-08-13

最近のコメント