御祭神

  • 御食入沼命(ごしょくいりぬまのみこと)
  • 筑前国続風土記拾遺では

  • 蛭子神(ひるこのかみ)
  • 月讀尊(つくよみのみこと)
  • 素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)

住所

  • 〒819-0371 福岡県福岡市西区飯氏

メモ

  • 古くは三郎天神社といわれていました。
    御祭神は御食入沼命です。御毛沼命(みけぬのみこと)とも呼ばれ、玉依姫命の子で神武天皇の兄にあたります。
    筑前国続風土記拾遺(巻之四十六)には、御祭神は蛭子神、月讀尊、素盞鳴大神の3柱と記載されています。
    蛭子神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の最初の子といわれますが、生まれてすぐに流されてしまい、子の数には入れないとされています。
    月讀尊については文献によって違いがあり、古事記では伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の右目から生まれたとされています。
    左目から生まれた天照大御神(あまてらすおおみかみ)が太陽を象徴する神、それに対して月讀尊は月の神。
    鼻から生まれた素盞鳴大神の兄といわれています。

写真

  • 2011-08-21
    鳥居  2011-08-21
    2011-08-21
    鳥居の扁額  2011-08-21
    2011-08-21
    手水舎  2011-08-21
    2011-08-21
    参道  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿内  2011-08-21
    2011-08-21
    拝殿内の扁額  2011-08-21
    2011-08-21
    本殿  2011-08-21
    2011-08-21
    社殿  2011-08-21
    2011-08-21
    案内板  2011-08-21
    2011-08-21
    境内の様子  2011-08-21

コメントをどうぞ

最近のコメント