御祭神

  • 泥土煮尊(ういじにのみこと)
  • 沙土煮尊(すいじにのみこと)
  • 大戸道尊(おおとのじのみこと)
  • 大戸邉尊(おおとのべのみこと)
  • 面足尊(おもたるのみこと)
  • 綾惶根尊(あやかしこねのみこと)
  • 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
  • 伊弉冉尊(いざなみのみこと)

御神徳

  • 家内円満
  • 安産
  • 交通安全

例祭日

  • 1月1日:元旦際
  • 3月10日:祈年祭
  • 10月第3土、日:秋季大祭
  • 11月23日:感謝祭

住所

  • 〒811-4153 福岡県宗像市吉留3186

電話

  • 0940-33-4467

メモ

  • ここ八所宮は、国道3号線 岡垣バイパスと平行して走る県道287号線沿いに鎮座する神社です。
    始めは鶺鴒山(せきれい)の麓、御手洗池の辺りに鎮座していましたが、白鳳2年(約1300年前)に現在の鶺鴒山山頂に遷座されました。
    当初は鶺鴒山を御神体としてお祀りしていたようで、現在はその古代祭場跡が復元され残されています。
    御祭神はそれぞれ夫婦神で、日本神話の始まりの頃に出現した神世七世(かみのよななよ)の中の八柱です。その八柱をお祀りしているので八所宮と言います。
    八所の神は、伊波礼毘古命(いわれびこのみこと、後の神武天皇)東征の折に姿を現し、赤馬に乗り軍を先導したと伝えられています。

写真

  • 2012-04-28
    大鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口 二の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    神社名石柱  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口のネコ  2012-04-28
    2012-04-28
    参道  2012-04-28
    2012-04-28
    参道  2012-04-28
    2012-04-28
    三の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    鳥居の額束  2012-04-28
    2012-04-28
    手水舎  2012-04-28
    2012-04-28
    拝殿  2012-04-28
    2012-04-28
    社殿  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿  2012-04-28
    2012-04-28
    本殿(流造り)  2012-04-28
    2012-04-28
    向拝の彫り物  2012-04-28
    2012-04-28
    摂末社  2012-04-28
    2012-04-28
    神輿  2012-04-28
    2012-04-28
    神社入り口からの風景  2012-04-28
    2012-04-28
    御手洗池  2012-04-28
    2012-04-28
    古代祭場跡(復元)  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の鳥居  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の拝殿  2012-04-28
    2012-04-28
    現人神社の本殿  2012-04-28

コメントをどうぞ

最近のコメント